haru が考えるフェイシャル技術について

リフレクソロジーをはじめとし、ボディトリートメントのセラピストとして8年目を迎えた時、

将来年を重ねてもこの仕事を続けたいと考え

トータル的な癒しを提供したいと、フェイシャルを学び始めました。

 

正直、『フェイシャルは手技も細かくて難しそう』と思っていましたが

学び始めると目からうろこの連続でした。

 

そして、私がフェイシャルの中に見出した魔法の力とは。。。

 

●体以上に繊細なお顔だからこそ、こんなにも心地よく、目に見えて結果が出る。

 

●脳に近いお顔の状態を整えると、自律神経も整う。

 

●深いリラクゼーションを実感して頂く事で、お客様の中の癒しの力が目覚める。

 

●お顔はツヤ、弾力、ハリがよみがえり、リフトアップを実感して頂ける。

 

●施術後はお顔だけでなく、心も体もその方本来の美しさに満ちている。

 

こうした喜びをお客様と分かち合えるのがフェイシャルの大きなメリットです。

 

そこから必ずリピートを頂ける技術を本講座では提供しています。

 

 

haruが考えるおもてなしの心について

 

たんにシワ、シミが取れればいい。結果が出せればいい。

haruではそうは考えていません。

大事なお客様と長くお付き合いしていくためには、おもてなしの心も不可欠です。

 

 

2015年、自分自身の技術やおもてなしの法をさらに磨きたいと考え、

第5回エステティックグランプリに出場しました。

そして749サロンがエントリーする中、日本一のモデルサロンとして、

モデルサロンプレゼンテーション部門でグランプリを受賞。

技術部門でもセミファイナル上位20位まで残る事が出来ました。

 

 

覆面調査員によってチェックされる100項目のサロンワークすべてを

ノートに書きだし毎朝それを必ず読み実践。

自分の至らない部分を徹底的に改善していきました。

この時の経験から得たものは、本当に数多くあります。

 

技術においては、独自で研究を重ね、密着度、強弱、リズムの重要性にも

気づかされました。

それだけではなく、おもてなしにおいては、お客様のお出迎えから、

お声がけ、タオルワーク、心を通わせるカウンセリング手法など、

技術以外でも心地よさや満足感を覚えて頂く事にも

こだわりました。

 

その結果、既存のお客様のリピート率や施術後の反応が明らかに変わり

同業者の方々からのご相談を受ける事も増えました。

技術はもちろん大切ですが、サロンにお越しいただき一緒に過ごした時間に

感動して頂き、心を解き放ち、その方の本来の美しさを取り戻して頂く。

 

その結果がリピートや集客アップという結果につながると確信しています。

 

 

こうした”フェイシャル技術”と”おもてなしの心”の両面をお伝えし

 

●フェイシャルテクニックに迷いを感じている方

 

●ボディトリートメントメニューにフェイシャルを新たに取り入れたい方

 

●長くこの仕事を続けていき為の基盤をつくりたい方

 

●お客様の心を通わせた関係性を築きたい方

 

のお役に立ちたいと考えています。